2013年10月14日

15回目の月命日


今日は、くろの15回目の月命日。

祝日だったこともあり、実家に帰りました。


今日は何の日かと思ったら、体育の日、なんですね。

子供の時からずっと 体育の日=10月10日 だったので、なんかピンとこないな・・・


くろは、めいと一緒に、庭の片隅に眠ってます。

実家に帰るたびに、「くろ、めい、ただいまるんるん 会いにきたよ揺れるハート」 って、声をかけてます。


今、くろとめいが眠っている場所は、こんな感じに↓

IMG_1350.jpg


これには、ちょっとしたエピソードが。


実家の庭にお骨を埋めて欲しい、と懇願したのは、母でした。

くろのこと、本当にかわいがってくれていて。


くろが帰ってきて、喜んでたんです。

「きれいなお花をたくさん植えよう」と張り切っていた矢先、倒れて入院。

で、母が入院している間に、父が、くろとめいが眠る場所に、つるなし朝顔を植えてしまいました がく〜(落胆した顔)


うちの父、なんと言うのか、ガーデニング的センスが、ちょっと・・・もうやだ〜(悲しい顔)

退院した母も 「私がやろうと思ってたのに」と、ご不満な様子。

でも、母も私も、口にはしませんでした。


父も、数年前に大きな手術をして以来、体調がよくないんです。

特に足腰が弱ってしまし、歩行も大変なほど。

それなのに、くろとめいのため、不自由な体で朝顔を植えてくれました。


何度見ても、ガーデニングセンスには 「・・・ たらーっ(汗)」 ではありますが、くろとめいを思い遣ってくれる気持ちは、本当にうれしかったです。


母は、だいぶ元気になりましたが本調子にはほど遠く、庭仕事なんて、まだまだとても無理な状態。

それでも、少しでもかわいいお花で飾ってあげたかったらしく、小さな可憐な花を咲かせる鉢植えを買ってきて並べてくれました。


上の写真、小さな鉢が何個かありますが、それがそうです。

今日はまだ、お花は咲いていなかったのですが。


くろもめいも、父と母の気持ちを、とても喜んでいると思います。


年寄りふたりの心の励みになれば、と思って実家の庭にお骨を埋めました。

両親のためにも、くろとめいのためにも、そして私のためにも、そうしてよかったです。




posted by Maggie at 20:32| Comment(7) | 命日