2013年06月14日

11回目の月命日


今日はくろの11回目の月命日。

人によって感じ方はそれぞれでしょうけれど、私には今日までの11ヶ月が、とてもとても長いものに感じられます。


今、1年前の闘病の日々を振り返って真っ先に思うことが 「ちょっと、頑張りすぎちゃったかな。。。」ということ。


くろは、6月に入って嘔吐の症状が出始め、日に日に酷くなっていきました。

それにあわせて、食欲もどんどん落ちていきました。


6月後半には、もう何も口にしようとはしなかったんです。

大好きな水ようかんさえも。


そんなくろに、なんとか少しでも栄養をとって欲しくて、嫌がるのを無理にゼリー飲料を飲ませたりしてました。

飲み込んでくれるときもあったけど、吐いてしまうこともあったんです。


かえって、つらい思いをさせてしまいました。


くろは助からないことが明白だったのだから、すべての食べ物を拒否した時点で、私もそれを受け入れてあげるべきだったな、と今になって思ったりします。

でも当時は、できなかったんですよね・・・

何度か、「もう食べさせるのはやめよう」と思ったのですけれど、できませんでした。


あの時の私には、現実を受け入れる勇気がなかったように思います。

そのために最後の日々、くろ に辛い思いをさせてしまったな、って、後悔、というわけではないんですけど、「くろ、ごめんね」 という気持ちが残ってます。



その一方、「最後まで頑張ってよかった」と思えることもあって、それは、膵臓腫瘍が発覚してから最期まで、1度も動物病院には連れて行かなかったこと。


病名が定かでない時期、毎日動物病院で注射に検査。挙句の果ての開腹手術。

くろの動物病院ストレスは相当なものになってました。


助からないことがハッキリとわかった時、「最期までおうちでのんびり過ごさせてあげよう。 大嫌いな動物病院には絶対に連れて行かない。 」って決めました。

でも、実はこれが、なかなか難しかったんです。


日々弱っていく姿を前にして、「何かに頼りたい、すがりたい」 って気持ちに、なってしまうんですよね。

神や仏にすがるのはもちろんなのですが、より現実的にすがれる存在が動物病院なんです。


「獣医師にも、もう何もできない」ってことはわかっているのですが、それでも「なんとかしれくれるんじゃないか」と藁にもすがる思いになる、とでも言うか・・・


何度か、「動物病院に連れて行こうか、外出は体力的に負担だから先生に家に来てもらおうか」 と考えました。

でも、その度に くろ の精神的ストレスを考えて、我慢しました。


正直、苦しかったのですが、でも今は、動物病院に連れて行かずに、獣医師に会わせずに、本当によかった、って思ってます。

くろに、最後の最期まで、お家でストレスなく、好きに過ごさせてあげてよかった、って思ってます。


「よく頑張ったゾ、わたし」 と、この点に関してだけは自画自賛^^


動物は「こうして欲しい」とハッキリと言えないから、最期の過ごし方、過ごさせ方は難しいな、って、改めて思います。

何をやっても、後悔がない、ということは、ないのでしょうね。

人間ですモンね。



↓ 2年前の6月に撮影した写真。

IMG_2161.jpg

プリンの残りを舐めてます^^;


甘いものが、大好きだった くろ。

今日は、鮎の和菓子をお供えしてあげました。



posted by Maggie at 22:09| Comment(8) | 日記
この記事へのコメント
くろちゃんにアイスお供えしました。
ブロ友さんからの頂き物ですけど・・(^_^;)。
甘いものがお好きなら、喜んで貰えたかな?

ブログを始めて、誰もが少なからず
後悔なさっていることを知りました。

事故を起こした自分を許すことはできないけれど、
綺麗な印象だけを残したのはすずらしい・・・
と思えるようになってきました。

頑張ることの大切さを教える、
傲慢さを諌める、
どの子も皆、貴いものを遺してくれたんだと思います。
Posted by すずママ at 2013年06月15日 01:58
>すずママさん
いつもくろにお供えしていただいて、どうもありがとうございます。くろ、アイスも大好きでした。喜んでいると思います。

くろは8歳と若かったので、「どうしてこんなに早く逝っちゃったんだろう。自分のああいうところや、こういうところが悪かったんじゃないか。」って、考えても仕方が無いことをどうしても考えてしまったりします。

本当に、どの子も皆、貴いものを遺してくれていると私も思います。だから、くよくよばかりしてないで、遺してくれたものを生かすように頑張らなくちゃ、って思います。

Posted by Maggie at 2013年06月15日 21:52
くろちゃんの11回目の月命日お祈りします。
まだ8歳だったんですものね、もっと一緒にいたかったでしょう。
うちは13歳だったからある程度覚悟もしていたけれど・・(10歳から思い出作りの旅行やビデオを取っていました)。
でも病気で亡くすのは辛かったです。
まさかガンになっていたなんて思ってもいなかったし、1ヶ月足らずでしたから。
くろちゃんは闘病生活が長かった分、
それはそれで長い間苦しんでママさんも
地獄のような日々でしたよね。
大変でしたね。
私は短い闘病生活でさえ苦しかった・・
くろちゃんはきっと「長い間お世話してくれて有難う」って感謝してると思います。
Posted by ゆきえ at 2013年06月16日 01:42
こんばんわ〜

早いものです。
もう11ヶ月も経ってしまったんですね。
あんなに頑張ったくろちゃん、
今頃、きっとママさんが備えてくれた、甘いお菓子おいしいって、食べてますよ〜〜。
くろちゃん、私の中では、永遠のアイドルですよ。
Posted by nonnon at 2013年06月17日 20:45
くろちゃんの闘病生活、いろいろ思い出します。
多分、どれだけの事をしても後悔ってあるんでしょうね。
私から見たらMaggieさんは素晴らしい飼い主さん。
私に同じ事は出来ないかもしれないです。
くろちゃんは虹の橋で元気にしている事でしょうね。(^^)
Posted by こただいママ at 2013年06月18日 15:10
>ゆきえさん
振り返ると長かったけれど、でも一生懸命、最期まで生きてくれてありがとう、って気持ちです。思います。長くても短くても、大事な家族を看取る悲しみと苦しみは変わらないんだろうな、って思います。

10歳から思い出作りをしていたんですね。私は結果的にはこのブログが、よい思い出となって残りました。ステキなブロ友さんたちともたくさん知り合えて、やっぱりくろには感謝、です。
Posted by Maggie at 2013年06月18日 18:06
>nonnonさん
ありがとうございます。
くろのこと、思い出してくれる人がいるだけで幸せな気持ちになれます。

食いしん坊だから、「おかわり!」って言ってるかも^^;
Posted by Maggie at 2013年06月18日 18:08
>こただいママさん
時間がたつのが遅く感じて、でもその分、くろは本当に頑張って生きてくれたんだなぁ、って今更ながらに思ったりします。

虹の橋で、元気にやってるようですよ。毎朝、グリニーズをおねだりされてます^^;
Posted by Maggie at 2013年06月18日 18:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: