2013年03月10日

歯科疾患と食事C


「歯磨き効果」がうたわれる おもちゃ や おやつ を与えている飼い主さんは多いかと思います。


メーカーも、それなりに研究をして製品を出しています。

適切な製品であれば、歯垢の沈着を防ぐ作用はあるそうです。


前回の記事の繰り返しになりますが、硬すぎるおもちゃやおやつはダメです


おもちゃであれば、噛むことで唾液の分泌が促進され、機械的なブラッシング効果は期待できます。

おやつも、歯磨き効果のある成分が入っており、それなりの効果はあるそうです。


それでも、おもちゃやおやつはあくまで補助的な方法です。

やはり、歯ブラシによるブラッシングでないと、本当の効果は期待できません。


前々回の記事()に書きましたが、歯科疾患は歯周ポケットに細菌が繁殖することから始まります。

なので、ブラッシングで歯周ポケットを掃除することが大切なんです。


なんか、どこかのテレビコマーシャルみたいですけれど^^;

ヒトもイヌも、基本は同じなのでしょうね。


ガーゼや手袋で歯を磨く方法も、それなりに有効ではあります。

でも歯周ポケットには届かないので、やはりブラッシングに勝る方法はないようです。


そうは言っても、小犬の時から躾けていないと、ブラッシングって難しい。

これはとにかく根気強く、少しづつ教えるしかなさそうです。


具体的な方法は、こちらのサイトの「ブラッシングの仕方」を参照ください。

http://www.toda-ah.jp/caring.html


授業でも、これと同じ写真で説明を受けました。

講師は、ここの動物病院の先生なので。



ポイントは、焦らず、無理強いせず、少しづつ。

おおげさに誉めて、ご褒美をあたえながら。

決して怒らないこと。


簡単なようで難しいですけど^^


一度に、全部の歯を磨かなくてもいいそうです。

今日は右上、明日は左上、明後日は右下・・・ という風に、少しづつ少しづつ。


本やサイトの説明だけだと、実践は難しいもの。

獣医師の先生に、ブラッシングの方法を教えてもらうといいと思います。

かかりつけの先生なら、そのコの性格等も把握しているでしょうし。


おまけの情報ですが、毛先の短い歯ブラシはよくないそうですよ。



<続く>

posted by Maggie at 21:42| Comment(4) | 歯科疾患と予防
この記事へのコメント
なるほどなるほど!
硬いおやつ…あげてたわ。
確かに歯が磨り減ってる気がします。
今はまったくあげてませんが 歯が折れる前で良かった。
歯磨きも 歯ブラシじゃないとダメなんですね。
嫌がるので あまりしていないんだけど、
頑張って歯磨き、します!
Maggieさん、勉強になります。(^^)
ありがとう♪
Posted by こただいママ at 2013年03月12日 16:01
>こただいママさん
ベストは歯ブラシらしいです。人間と同じみたい。歯周ポケットがポイント、です^^

歯は怖いんだな〜って思いました。くろにはガムを与えただけで「歯磨きは完璧!」なんて思ってました。今になって、すごい反省してます。

小太郎ちゃんも大豆ちゃんも、ずっときれいな歯でいてね^^
Posted by at 2013年03月13日 21:56
きゃ〜〜キャハハハ(≧∇≦)ノ

反省です。
最近では、歯ブラシを見ただけで、逃げ出してしまうオリオン・・・。
どうしても歯ブラシ効果のあるおやつやおもちゃにたよってしまってます。

そうですね。
オリオンたちのためにも、歯ブラシ、復活させます!!
Posted by nonnon at 2013年03月15日 07:01
>nonnonさん
私も、くろが元気なときは、おやつだけあげて、それでOKだと思ってました。今になって反省です。

歯を悪くすると怖いんだな〜、って思いました。オリちゃん&スピちゃんは、ずっときれいで丈夫な歯でいてくださいね。

Posted by Maggie at 2013年03月16日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: