2013年02月26日

ペット栄養学の講習会A


2013年2月9日〜10日に開催された、日本ペット栄養学会主催の「ペット栄養管理士養成講習会」。

最初に、講習会自体に興味がある人のために、講習会の概要や様子を紹介しようと思います。


「ペット栄養管理士養成講習会」は、基本的には「ペット栄養管理士」を目指す人のための講習会なのですが、そうでない人も参加できます。

今回の講習会の出席者数は、たぶん、300人くらい。

とても大きな会場で、すごくたくさんの人が来ていて、ビックリしました。


9割くらいは、学生らしき、若い女性。

動物看護士とか、獣医とか、ペットに関する職業を目指す学生さんたちのようです。


残りは、ほとんどが、ペットに関する仕事に従事している人みたいでした。

単に「犬や猫を飼っているから」という理由で出席した人も、少数派ですが、いると思います。

私がそうでしたし、私の後ろの席の男性も「犬を飼っているから聞きに来た」って言ってました。


受講者数の多さにも驚いたのですが、地方からわざわざ講習を受けに上京してきた人が、少なくない人数いたことにビックリ!


講習会のスケジュールは、初日が13:30−17:00、2日目が9:00−17:00。

初日の開始時間が遅いのは、地方から来る人を考慮してのようです。

会場に、「クローク」が準備されてて、キャリーケースを預けられるようになっています。


私の後ろに座っていた「犬を飼っているから聞きに来た」という男性、なんと札幌からわざわざ来られたそうです。(拍手!)

私の隣に座っていた女性は、「大阪から来た」 と言ってました。(拍手!)


「ペット栄養管理士」の資格試験は、東京と京都で受けられるのですが、講義は東京のみ、のようです。


今回の講習会では、前回の記事()に書いたとおり、9つのテーマが取り上げられました。

1科目、講義が50分、質疑応答が5分、というスケジュールです。


テーマごとに講演者が違います。

この講習会をとても有意義に感じたのは、それぞれのテーマの専門家が、50分という時間にエッセンスを凝縮して説明してくれたからだと思ってます。


たとえば「栄養素の消化と吸収」の講義は、名古屋大学の先生が担当でしたが、このテーマで大学の学生に講義を行う場合は90分×4−5回の授業になるのだそう。

それを、50分で要点のみを説明してくれるので、内容に無駄が無いんです。


ペット、と言っても、基本的には犬と猫が対象です。

どちらかと言えば、犬がメイン、かな。

先生方も、犬を飼っている方の方が多い様子でした。

鳥とか、ハムスターとか、カメレオンとか、そういう「ペット」は基本、対象外です。


受講料は7500円(テキスト代込)。

私個人は、大いにその価値がある講習会だと感じました。


今回の 「ペット栄養管理士養成講習会」 はA教程。

まだ、B教程とC教程があります。

ペット栄養管理士の受験資格は、全教程を受講して初めて得られます。

半年に1回の割合での開催になるので、今まではペット栄養管理士の受験資格を得るには1年半かかってたんです。


ただ、この教程スケジュールで講習会を開くのは、「今年が最後になるかも・・・」とのこと。

日本ペット栄養学会は、社団法人(だったかな?)に、組織替えをするのだそう。

その関係で、今後、講習会のカリキュラムも見直す予定だそうです。


詳細は、決まり次第、日本ペット栄養学会のHPで公開するそうなので、この講習会に興味のある方は、まめにHP()をチェックしてみてください。


今のところ、次回の講習会(B教程 or/and C教程)は、今年の夏頃に開催予定だそうです(詳細未定)。


講習会の前に、テキストが郵送で送られてきたのですが、それを開いて、私は愕然としました。

「これ、無理! むずかし〜!!」 というのが第一印象。

化学記号が出ていたり、トリプシンだのカルボキシペプチターゼだの、難しそうな用語が随所に。


なので、実は、講習会、出席するのをやめようかと思ったんです。

でも、お金も払ったことだし、「初日だけ出席してみて、つまらなかったら2日目はキャンセルしよ」と思って、とりあえず、で出掛けたんです。


講義では、化学記号とかトリプシンだとか、そういう言葉を使った説明もあるのですけど、難しい部分はちゃんと素人でもわかるように説明してくれます。

なので、「授業に、ついていけないんじゃないか・・・」という心配は、いらないと思います。


私は、都合が合えば、次回も参加しようと思ってます。


<おまけ>

今回の会場は新宿のセントラルパークホテルでした。
IMG_0285.jpg

2月9日も10日も、冬晴れのいいお天気だったな〜 晴れ
IMG_0288.jpg



posted by Maggie at 21:51| Comment(4) | ペット栄養学
この記事へのコメント
おお〜・・・
舌を噛みそうな用語が・・・(^_^;)
でも先生達がわかりやすく説明してくれるんですね。
私は もっとわかりやすいMaggieさんのブログで
お勉強しよっと!(ちゃっかり!)(=^m^)

でも講習会が東京だけって何だかなぁ。
300人も集まってこそ これだけの先生達を
呼べるって事なのでしょうかね。
Posted by こただいママ at 2013年02月28日 09:19
通常の講義を50分に凝縮しての講義なら、
今回の講義代も時間も「お徳」って事ですね。
・・それも講義は東京だけなのだから・・
そりゃ地方から来るわけだ。

今日は暖かです。

Posted by ゆきえ at 2013年02月28日 13:09
>こただいママさん
調べてみると、ペットに関する講習会って、色々とあるんですけど、ほとんどが東京なんです。こっちに住んでいると何かと便利なのですが、ちょっと、情報が偏りすぎだな〜、って思います。

そんな思いもあったので、かいつまんだ内容にはなってしまいますが、ブログに書き残すことにしたんです。

頑張って、書かなきゃ^^;
早くも、さぼりがち・・・
Posted by Maggie at 2013年02月28日 20:31
>ゆきえさん
ホント、今日は一転して春の陽気でしたね。このまま春だといいな〜

わざわざ地方からくる価値がある内容だったとは思います。でも、交通費も宿泊代もかけて、大変だな〜、って思いました。みなさん、すごい熱心だな、って感心しました。
Posted by Maggie at 2013年02月28日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: