2012年10月28日

テレパシー


図書館の 「ペット」 コーナーで、猫に関する本を色々と借りてきました。

猫の世話をするなんて生れて初めての経験で、悪戦苦闘の毎日 あせあせ(飛び散る汗)


借りた本、ほとんどが 『子猫の育て方』 とか 『猫の病気辞典』 とかの実用書。

その中で、熊井明子さんのエッセー集 『いつも私の猫がいる』 が面白そうで、これも借りてみました。

  


ポプリ研究家、シェイクスピア研究家としても有名な熊井明子さん。

大変な愛猫家なのだそう。


彼女の、猫に対するあつ〜い想いを綴ったのが 『いつも私の猫がいる』。

その中に、とても印象的なお話がありました。


熊井明子さんは、多くの猫を飼ってきたけれど、中でも マロン という名の猫を特に可愛がっていたのだそう。

虹の橋に逝ってしまった マロン が、熊井明子さんに対して語りかける次の文章が、今の私の心に響きました。


 <いつも一緒に>

 ぼくが”現世”を去って何年か過ぎた。 
 でも、ぼくという存在が無くなったわけじゃない。

 霊的存在となっていつもA(明子さんのこと)の身近にいる。

 ”現世” に生きていたときには出来なかったことも今はできるので、力をつくしてAを守っている。


 Aは、しばらくの間ぼくを失ったと思って気を落し、泣き暮らした。
 
 ぼくは心配になって何とかしてAの気持ちを明るい方に向けようとした。
 超能力も発揮してがんばったところ、ようやくAは立ち直り始めた。

 (中略)

 今、Aはシェイクスピア・シリーズをまとめている。

 もちろん、ぼくはテレパシーで、いつもAを励まし力づけているよ。


くろが旅立って、日がたつにつれ、立ち直るどころか、涙の量は増えるばかり。

涙の無い日は1日もなく、秋の気配が深まると共に、辛さは増すばかり。

特に9月の終わり頃、自分でも一体どうしちゃったのかと思うほど、べしゃべしゃと泣いてばかりいました。


そんな時に出会ったのが、子猫のみきちゃん。


思っていたより病気が重く、連れ帰って2週間は、「助からないかも」って何度ハラハラし、どれだけ心配したことか・・・

なんとか峠を乗り越えてくれて、今のみきちゃんは元気いっぱい。

IMG_7681.jpg
↑ ゴミ袋をいたずらして怒られたみきちゃん


ふと気付いたら、私の涙の量も、減っていました。

気持ちが、少し強くなったような気がします。


ひょっとしたら、猫ちゃんだったのが、私の気を紛らわすのによかったのかもしれません。

ワンコだったら、くろを思い出して、かえって辛かったかも・・・


マロンが熊井明子さんを励ましたように、くろも泣き暮らす私を何とか励まそうとして、みきちゃんと出会わせてくれたのかな。


IMG_0966.jpg
↑ TAKANOのハロウィーンパンプキンプリン


くろ、”現世” ではおやつもらうことしか考えてないコだと思ってたけど、実はとっても、頼もしいヤツ だったのかな。


くろのこと、わかっているようで、わかっていなかったのかも、しれないね。




posted by Maggie at 21:08| Comment(13) | 日記
この記事へのコメント
そういえば・・
ホッシーの病気がきっかけでこちらのブログを知りました。
あれから寂しくてどうしようもなくて色々お話させていただきました。
みきちゃんが来てからは、私もみきちゃんの事が気になってかわいくてその話ばかり。
私もいつの間にか気が紛れていました。
くろちゃんの仕業かな?
ありがとね。

Posted by ゆきえ at 2012年10月28日 21:27
飼い主の務めは最期を看取ってあげることだと
頭では分かっていても、
心がついてゆきません。
ヒメコはまだ4才で元気いっぱいですが、
ふといずれ必ずくるお別れの時のことや、
その後のことを考えてしまいます。
わたしはフルタイムで働いているのですが、
その時は絶対側に居たいです。
できれば腕のなかで眠るように送りたい。
うちもくろちゃんと同じ鍵っこなんですよ。
いつも帰宅するとドアを開ける前から
喜びと歓迎の雄叫びを発してます^^
くろちゃんもそうだったのでは?

みきちゃん、よかったですね〜
不思議なご縁ですね。
ちなみにわたしは猫って抱っこしたこともないの。
触ったこともないかも^^;
Posted by 姫ママ at 2012年10月28日 23:11
おはようです。

そうですよ。
ママさんとみきちゃんの横には、いつもくろちゃんがいるんですよ。
そして、どじな事してるママさんに、はらはらしてるのかも・・・。

これからもみきちゃんと、幸せな時間作ってください。

くろちゃん、パンプキンケーキ食べたいかも・・・・。
Posted by nonnon at 2012年10月29日 06:51
そうかあ。。マロンね・・
猫ちゃんマロンていうんだね
Posted by あさってさん at 2012年10月29日 07:51
>ゆきえさん
ホッシーちゃんとくろが結託して、みきちゃんを送りこんだのかもしれませんね。

ホッシーちゃんとくろ、虹の橋でつるんで、次のたくらみを相談してたりして (^ ^;
Posted by Maggie at 2012年10月29日 20:37
>姫ママさん
チワワはひとりでお留守番できる犬種、ということで、私はチワワにしたんですよ。くろが小さい時は帰りが遅くなる日も多くて、随分淋しい思いもさせてしまいました。玄関のドアをあけたら、ドアの前でお座りしてたりして・・・ 

私も猫はほとんど触ったことありませんでした。人生、何が起きるかわかりません^^

Posted by Maggie at 2012年10月29日 20:40
>nonnonさん
たしかに、ドジな私を、落ち着いて見てられないだろうな〜^^

いつも横にいてくれてますね。
見守ってくれてるお礼に、今年もパンプキンプリン、買ってあげよう。


Posted by Maggie at 2012年10月29日 20:42
>あさってさん
あさってさんのマロンちゃんも、いつもあさってさんを見守って力づけてくれてますね。
Posted by Maggie at 2012年10月29日 20:43
そっかー、クロちゃんとホッシーが天国からママ達がいつまでもメソメソしているのを見ていて、
みきちゃんをそっと置いたんだね。
ホッシーは亡くなる前にママがクロちゃんのブログ見てるのを知っていたもんね。
天国にいってクロちゃんに声掛けたんだろうな。
お陰でママ達はみきちゃんに夢中だよ。
二人でみきちゃんを見守っていてね。
Posted by ゆきえ at 2012年10月29日 22:08
あ、テレパシーといえば・・
今思い出しました。
ホッシーって最初、ペットショップで「この子が欲しい」って見ていた子と間違って買った子なんですよ。
でもホッシーでよかったよ。
それでね、あの子の誕生日が結婚記念日と同じだったんです。
何だか不思議でしょ?
Posted by ゆきえ at 2012年10月29日 23:40
みきちゃんはくろちゃんが送り込んだ天使。。。
いつかの記事にコメントしましたが、やっぱりそうですね!
Maggieさんがめそめそしないように、前を向いて
歩めるように、そして少し忙しくて泣いている時間が減るように・・・
全てはくろちゃんの作戦ですね。(^^)
Maggieさんのポッカリ空いた穴を
少しでもみきちゃんが埋めてくれると思います。
くろちゃんが いつも見守っているんですね。。。
Posted by こただいママ at 2012年10月30日 18:33
>ゆきえさん
ホッシーちゃんは、ゆきえさん家族の一員になる運命だったんですね。

くろもペットショップで買ったコです。ひとめぼれで、くろしか目に入りませんでした。後から考えて、他にどんなコたちがいたのか、全く覚えていないんです。

今から思えば、私のところに来るべくして来てくれたコだ、って思います。くろには、今でも、そしてこれからも、私のところに来てくれありがとう、って思います。
Posted by Maggie at 2012年10月30日 21:43
>こただいママさん
みきちゃんは、たしかにくろが送りこんでくれた天使なのかもしれませんね。かなりお転婆な天使だけれど^^;

正直、猫の面倒を見ていることに、未だに不思議な感覚はあります。その一方、とっても自然な感じもあるんです。

くろったら、一体何を企んでいるんだろう!?
Posted by Maggie at 2012年10月30日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: