2013年09月14日

14回目の月命日


今日は、くろの14回目の月命日。


年月の区切りって不思議なもの。

1周忌を迎えてから、なんだか気持ちに大きな区切りがついたように感じるんです。


それまでは、月命日を迎えると、どうにも気持ちがめげて仕方ありませんでした。

ブログを書く=くろがいないことに正面から向き合うと、どうしても気持ちが沈んでしまって、ブログの調子もシンミリしがちになってしまって・・・


今日は、いままでのようなグジグジしたものが、自分の中にないのを感じます。


気持ち的に、今ちょっと余裕がないせいも、あるのかな。


先日、捨てられたと思われる病気のシャム猫ちゃんを連れ帰ってしまいました。→

こんなことして、正直、自分で自分にびっくりなところがあります。


以前の私なら、「かわいそうだな」と思いながら、そのまま見て見ぬフリをしていました。


みきのおかげで猫ちゃんが大好きになったこともあるけれど、くろが病気で辛い思いをしていた姿が、潜在的に私の心の中に刻み込まれているせいかもしれないな、とも思います。


病気の猫ちゃんを見て、くろを思い出したわけではないんですよ。

今は、くろの闘病の日々を思い出すことはありません。

思い出すのは、元気だったくろの姿ばかり。


でも、くろが元気だった時には絶対にやらなかったこをと今、している。

くろが、私の気持ちの”何か”を変えてくれたんだと思います。


くろがいなければ、みきを保護することはなかった。

みきがいなければ、シャムちゃん(仮称)を保護することもなかった。



くろの命、小さな形でだけれど、ちゃんと今でも生きています。



posted by Maggie at 19:07| Comment(6) | 命日