2013年01月23日

小さな花の大きな命


このお花↓ 、見ようによっては ”こういう格好のお花” に見えますが

DSC_0012.jpg

本来は、ちゃんと、全ての花が上を向いたお花です。


水と相性が悪いのか、枝切りの場所が悪いのか、
同じ花瓶に一緒に活けているお花との相性が悪いのか。

買ってきた翌日には、花の首が くたっ と折れていることがあります。


このお花も、買ってきた翌日に、全ての花の首がくたってしまいました。

それを、切り口をあらためたり、湯あげをしてみたり。


なんとか生き返らそうと頑張ったところ、完全復活とは行きませんでしたが、少しお花が上を向いてくれるようになりました。


私は以前は、お花にそれ程の興味はありませんでした。

なので、たま〜に気が向いた時に買ってくる程度。


くろが逝ってから今日まで、我が家に新鮮なお花が欠けた日はありません。 たぶん、これからも。


くろが旅立ってすぐ、ブロ友の こただいママさんnonnonさん がくろにお供え花を贈って下さいました。

IMG_6638.jpg


きれいなお花に心の底から慰められて、お花がどれだけ人の気持ちに
潤いを与えてくれるものか、花の持つパワーを、私はこの時初めて知りました。

以来、お花をぞんざいに扱うことが、できなくなったんです。


私は元来が雑な性格で、以前の私だったら、くたってしまったお花はすぐにポイexclamationだったんですけどね。

今は、できません。


小さな花でも、人に慰みを与える程の大きな命が、あるんですよね。


DSC_0008.jpg


くろは私に、目には見えないけど大切なものをたくさん、残してくれた。

何とか息を吹き返してくれた小さな花を見て、あらためて、そのことを感じました。














posted by Maggie at 22:35| Comment(6) | 日記