2012年12月23日

9年目の記念日


今日12月23日は、くろが我が家にやってきた記念日です。

9年前の今日から、くろと暮らす生活が始まりました。


下の写真は、8年目を記念して、ちょうど1年前に撮影したもの。

IMG_3088.jpg


後ろに写っているキャリーケースに入って、やってきたんですよ。

当時、生後4ヶ月。

その後もずんずんと大きくなって、このキャリーに入ってきたとは信じられないデカサイズになりました。

  1年前の記事はこちら → ★ 


12月23日は、くろの誕生日と同じくらい、私にとっては、思い出深くて大切な日です。


この思い出深い日に、もう1つ記念となるようなことを、決めました。

みきを、家族に迎えることにしました。


IMG_9826.jpg


「え? 前からそうだったんじゃないの??」って言われそうですが・・・


みきは、病気が治ったら、里親さんを探してあげるつもりで連れ帰りました。 → 

思っていたより治療に時間がかかり、その間に、予想もしなかったニャンコとの共同生活も板についてきました。


それでも、飼ってあげる決心がつきかねているところが、あったんです。


たぶん、くろのことが、まだ気持ち的に尾を引いているのが理由のひとつ。

もうひとつの理由は、最後まで責任をもって飼えるか、不安があることかな・・・


いつかくると言われている関東大地震のことが、いつも頭の片隅にあります。


もしも、私が出掛けている時に大地震があって、家に帰れなかったら・・・

このコを一匹、置き去りにすることになったら・・・


くろが旅立った時、悲しみにくれる気持ちの一方で、「最後まで面倒をみてあげられた」という、安堵の様な気持ちも片隅にありました。


独り暮らしでペットを飼うことは、事故災難を想定すると、リスクが高いのも現実なんですよね。

東日本大震災を機に、事故災難をリアルな可能性として意識するようになりました。


でも、最悪のことばかりを想定していても、何も始まらないし。

それに、みき以外にも、たっくさんのニャンコが家族を探しています。


今、自分にできる目の前のことを、一生懸命にやろうかな、と。

最悪の事態には出来る限りの備えをして、後は運を天にまかせるしかないかな、と。


何より、みきとの出会いの不思議を考えると、このコを手放す気にはなれなくて。


くろが守ってくれる、って、信じようと思います。



posted by Maggie at 23:38| Comment(8) | 日記