2012年11月11日

過去は永遠の謎


くろの写真を見てて、ふと、考えることがあります。


くろって、どんなところで生まれ育ったんだろう?

くろのパパとママって、どんなワンちゃんだったんだろう?

くろの兄弟たちって、いま、どうしているんだろう?

くろは、どういう経緯で、あのペットショップに連れてこられたんだろう?


くろは、生後4カ月の時、我が家に来ました。

生後1ヶ月から4カ月までの3ヶ月間は、ペットショップにいました。


手許にくろの「ワクチン接種証明書」があって、第一回目は2003年9月30日。

2003年8月23日が誕生日だから、生後1ヶ月で親と引き離されたことが伺えます。


その生後1ヶ月の間、どんなところで、どんな人に面倒みてもらっていたんだろう?

出来るものなら訪ねてみたいな、なんて、思ってました。


購入時に、ジャパンケンネルクラブ発行の血統書をもらっています。

そこに、繁殖者の名前と出身地がローマ字で書かれてます。


でも、出身地は SAITAMAKEN だけ。

繁殖者の名前もアルファベットで、個人名が記載されてるだけ。


そもそもこの血統書自体、お金さえ払えば作成してもらえる、って話を聞いたことがあります。

信憑性が薄いのは、事実らしい。


何とか調べられないかな・・・ と思ってたところ、ある本に、小犬がペットショップにくるまでの流通ルートが説明されてました。


結論としては、いまの流通経路の仕組み上、店頭にいる小犬の過去は、把握できないらしい。

ペットショップでさえ、わからないのだとか。

小犬の流通過程には、トレイサビリティが可能な仕組み自体がないのだそう。



知らなかった〜〜〜

くろがどんな赤ちゃん時代を過ごしたのかは永遠に謎、ということだけは、よくわかりました。


くろって、ものすご〜く物おじするコでした。

お散歩に行くと、いっつもシッポが下がっちゃって。


臆病か、って言うと、それともちょっと、違うような・・・

雷とか花火なんか、全然、怖がったりしない。

他のワンちゃんに吠えることもない。

なので、「臆病」とは、ちょっと違うと思うんです。


元々の性格でもあるのでしょうけれど、小さい時に、すご〜く怖い思いでもしたのかな、って。

今更、ではあるんですけど、知りたいな、って思ったのだけど、無理みたい。


↓ 生後9カ月の頃のくろ
IMG_0021.JPG


くろの、そのお茶目な表情の裏に、どんな過去が、あったのかな・・・



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

小犬の流通・販売ルートについて書かれていたのは、こちらの本です。

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇
  

ちょっと、ショッキングなタイトル、ですね あせあせ(飛び散る汗)

多くの犬が刹処分される現状に対して、「無責任な飼い主が多い」「生体販売が悪い」と言った論調ではなく、ペット流通の構造面から問題提起した内容です。

なんて書くと、ちょっと難しそうに聞こえるかもしれませんが、読みやすくて分かりやすい本でした。


販売業者(ペットショップ)の中には、自分たちのビジネスのあり方に問題を感じて、改善を試みる動きもあるのだそう。

刹処分がテーマなだけに辛い記述も多いですが、ちょっぴり救いも感じる内容でした。


読んでよかったな、と思えた一冊です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




posted by Maggie at 23:00| Comment(12) | 日記