2012年11月25日

赤い糸


ワンコやニャンコとの出会いも、「ご縁」 なんだろうな、って思います。


くろは、ペットショップにいたコです。

ワンコは、全部で15匹くらい、いました。


9年前の当時は、TVコマーシャルの影響でチワワが大人気の頃。

なので、ペットショップにいたコの6−7割は、チワワでした。


チワワはたくさんいたのに、くろ以外のコを全く覚えていないんです。

最初から、記憶になかったのかも。


初めて くろ を見たとき、「このコ!」って思いました。

いわゆる、ひとめぼれ 揺れるハート  。迷いませんでした。


あの時の直感は正しかった、って、今でも思ってます。

IMG_1792.jpg


くろがいたペットショップ、トリミングサロンを併設しています。

私がシャンプーが苦手で、このサロンには結局、8年間、毎月通いました。


行くと、目的もなく店内をブラブラ。

ショーケースにいるワンちゃんたちも、毎回、見に行ってました。


かなりたくさんの数のワンちゃんを見た計算になりますよね。

なのですが、正直、どのコも全然記憶に残ってないんです。

ある一匹のワンちゃんを除いては・・・


どのコも全く記憶に残っていないのに、ある一匹の柴犬♀のことは、今でも強く印象に残っています。


その柴犬ちゃん、もう、かなり大きくなってました。

柴犬って、中型犬ですよね。

それなのに、チワワのパピーが入っているようなショーケースに、身を縮めて入っていたんです。


値段は、3万円。

ハッキリと覚えています。


身を縮めて、伏目がちに小さくうずくまっていた柴犬の女の子。

今でも、その姿が目に焼きついています。


私は、そのコが、とてもとても、気になりました。

買い取ろうかと、随分と迷いもしました。


「ゆきちゃん」って、勝手に名前までつけてたんですよ。

なぜか自然と「ゆきちゃん」って名前が出てきたんですよね。


随分迷ったのですが、結局、そのコを引き取りませんでした。

そして、私はそのことを、今になって、少し、後悔しているんです。


今になって思うのは、あのコを買い取ろうかと思ったのは、単なる同情だけじゃ無かったんだろうな、って。

他にも同情をかうようなコは、たくさんいました。

ペットショップ、ですからね。


そんな中、引き取ろうかと真剣に迷ったのは、あのコだけ。

今になっても忘れられないのも、あのコだけ。


あのコとは 「ご縁」があったんじゃないのかな、って。

なんだか、そう思えて仕方ないんですよね。


今更そんなことを言っても仕方ないのは、わかってるんですけど。


みきちゃんとの出会いも、「ご縁」だったのだろうな、って思います。

猫には全然興味がなくて、飼ったこともなくて、それでも連れ帰ってしまいました。


病気で弱っていたこと、くろが病気で辛い目にあった後で放ってはおけなかったこと。

理由はあげようと思えばいくつもあげられるのですが、それだけでは、病気の子猫を連れ帰らなかったと思うんです。

私、そんなに慈悲深いタチじゃないし。


みきちゃんに惹かれる”何か”があったんだ、って思います。

「ご縁」を感じたのじゃないかな、って思うんです。


そのご縁を感じたコも、今ではこんな、やんちゃ娘になりました あせあせ(飛び散る汗)

IMG_8538.jpg


みきちゃんも、連れ帰るのには随分と迷いました。

あの時、勇気を出して連れ帰って本当によかったな、って、今は思います。


私にちょっぴりの勇気が足りなくて、縁を結んであげられなかった柴犬の女の子。

どこかの家庭で、幸せに暮らしてくれていることを祈るばかりです。


いつか、どこかで、出会えることも、あるのかな・・・





posted by Maggie at 22:33| Comment(8) | 日記