2012年08月31日

四十九日を迎えて


7月14日に旅立った くろ の、今日は四十九日です。

8月末日が四十九日なんて、くろったら、なんてタイミングのいいコなんでしょひらめき


今日は一日オフにして、中山法華経寺 にお参りに行きました。


このお寺、我が家から10km くらいの場所にあるのですが、行くのは初めて。

私、お寺って、滅多に行かない あせあせ(飛び散る汗)

「こんな時だけパンチ」ってホトケサマに怒られそうではありますが、いそいそと出かけてきました。


しかし、今日も暑かったな〜晴れ

IMG_6802.jpg

IMG_6807.jpg

IMG_6817.jpg


私は、正直、ちょびっとこの日を心待ちにしているところがありました。


あまり詳しくはないのですが、四十九日までは、死者の魂は現世と来世の間にあって、四十九日をもって、その魂は極楽浄土へ。

くろの魂は、本当に手の届かない、遠い遠いところに行ってしまう、と思うと、淋しい気持ちはあります。

でも、やっとくろの魂は安らかになる、と思うと、ちょっと安心するものもあります。


くろが旅立っ後、暫くの間、数週間程、私は毎晩イヤな夢にうなされ、何度も夜中に目が覚めました。

あの時は、気持ちが浮足立っていたように思います。


数か月もの間、私はくろの介護に、可能な限り全ての時間を捧げていました。

生活の中心だったくろがいなくなり、心にも時間にも、穴があいてしまって。


ある時、「くろの魂が平穏に天国(極楽浄土)に行けるよう、四十九日までは、しっかりとお祈りして助けてあげないと」と思い直してから、気持ちが落ち着いたのか、イヤな夢を見なくなりました。


それから今日まで、毎日、朝と晩、お線香をあげて、くろの魂が安らかに天国に行けるよう、祈っていました。

そのひとつの区切りが、四十九日。


くろは、最後まで病気にくじけず一生懸命に生きました。

なので、ちゃんと天国に行けると思うのですが、それでもやはり、祈らずにはいられません。

本当に、もう、祈ってあげることしか、私にはできない。


これからも毎日、あの世で幸せであるよう、祈るだろうと思います。


このコは、そんな親の気持ちを、ちゃんとわかってくれてるかなぁ〜たらーっ(汗)

IMG_3119.jpg




★★ くろの闘病生活は 『デカチワワ くろの闘病日記』 に記録しています。 ★★




posted by Maggie at 18:18| Comment(6) | 命日